痛風に原因は尿酸値にある|数値を下げるサプリで健康を改善

女の人

日本人が悩む症状

肩こり

なぜ症状が起こるか

肩こりというのは、日本人の国民病と言えるくらい多くの方が悩みます。そもそも日本人は、外国人と比べると、肩こりを起こしやすい傾向にあります。その理由は、頭が大きいのにも関わらず、頭を支える体の骨格や筋肉が華奢だからです。肩こりは、そもそも長時間の同じ姿勢でいたり、仕事などの眼精疲労によって生じます。首周りに知らず知らずの間に負担が大きくかかり、筋肉が凝ってしまいます。そして、肩周りの血行が悪くなる事で生じます。肩こりを放置すると体に痛みを感じて、仕事などに集中できなくなります。また、腰痛に発展したり、薄毛、白髪などの原因ともなります。肩こりの要因は血流の停滞なので、解消法としては血液の循環を良くする事が大事です。

有効な治療法

肩こりというのは、血行不良で肩の周りの筋肉が酸欠することで生じます。なので、肩の皮膚を指先でつまんで血行を促すことが、症状を解消するのに有効です。皮膚をつまむことで、緊張した筋肉が緩むのでとても楽になります。肩こりを感じた時、多くの方が患部を強く揉んでしまう傾向にあります。しかし、患部に強い刺激を与えると、肩の毛細血管が切れてしまいます。それで、ますます肩の銀肉が固くなり、コリも酷くなります。なので、そっと指でつまむようにマッサージすることが大事です。その他にも、ちゃんと睡眠をとることも解消するのに大切です。睡眠をとると、成長ホルモンが多量に分泌されます。その成長ホルモンの作用で、固くなった筋肉を修復することができるのです。なので、早期の症状の解消には、毎日規則正しくベッドに入ることをお勧めします。